教育の中で部活は必要(個人談)

ほとんどの学校には部活というものが存在します。
それは、学校生活に彩りを加えてくれるものと思っている人も多いことでしょう。
また、教育のためにやる必要があるという考えをお持ちの方もいるでしょう。
そんな中で、私の体験談を聞いて欲しいのです。
私は高校に入った直後、部活に入るつもりなど毛頭ありませんでした。
「帰宅部でいいや」と考えていたのです。
3年生の時には受験もあります。
そうでなくても日々の勉強は難易度を増していきます。
しかし、友達に半ば騙されて連れてこられたのが吹奏楽部でした。
吹奏楽部で私はパーカッションのパートをやることにしました。
当初は「とりあえず叩けば音が出る」程度に考えていたのです。
しかし、それは大きな間違えでした。
音楽大学ではドラムの専門があるなど実際はとても奥の深いものだったのです。
それは音楽という新たな教育に足を突っ込んだ始まりでした。
私はその吹奏楽部において部長となりました。
特に音楽が秀でていたわけではないけれど何か部長としての素質があったのでしょう。
そこで私は様々な手続きなどをする必要に迫られました。
また、みんなを少しでもまとめようとしなければなりませんでした。
そこで私が学んだことは大きかったと思います。
最後には吹奏楽部も好きになりました。
以上、思い出話が主でしたが特に言いたいことは、部活は日常の授業では学べないことを学べる特別な教育の場であるということです。

あなた次第で音は変わります
演奏会に向けた音楽レッスン開催中です

送迎もあるので遠方からでも楽に通えます
JR線や京王線などから送迎を行っているので、通う際の交通手段の確保に困ることがありません。

初心者の方大歓迎のY’s TRICK!
音楽を学びたい全ての方を応援します

発達障害でも他の子と変わらないように成長を促す
横浜市の放課後デイサービス「toiro」です